EVENT REPORT

メディアの責任とは―― World IA Day 2016 Japan(Tokyo) vol. 4 2/6

【スピーカー】櫻田潤、松浦茂樹、坂田一倫、長谷川敦士

【モデレーター】山本郁也

EVENT REPORT

メディアの責任とは―― World IA Day 2016 Japan(Tokyo) vol. 4 2/6

【スピーカー】櫻田潤、松浦茂樹、坂田一倫、長谷川敦士

【モデレーター】山本郁也

2016年2月20日(土)、amu にて World IA Day 2016 東京が開催されました。今回のグローバルテーマは「 Information Everywhere, Architects Everywhere 」、そして日本では「いまフィルターバブルを考える、これからのIAの役割とは」とローカルテーマを題してさまざまなプレゼンテーション、議論が行われました。ログレポート最終回はオープンディスカッション「フィルターバブルと企業倫理」です。当日の発表者の長谷川敦士氏、櫻田潤氏、松浦茂樹氏に加え、Medium 日本代表アンバサダーの坂田一倫氏と、IAAJ/HEAD 研究会 フロンティア TF 副委員長の山本郁也氏が登壇しました。

※このセミナーは2016年2月に行われたもののため、文中の数字やサービス構造等に関しては、最新ではない可能性がございます。

OVERVIEW

2016.02.20(土)

スピーカー:
櫻田潤、松浦茂樹、坂田一倫、長谷川敦士
モデレーター:
山本郁也

INDEX

  1. いまここに登壇する意味
  2. 編集はアルゴリズムに、紙質は表示速度に
  3. メディアが社会的責任を果たすには?
  4. メディアによって変わる、コンテンツの価値

いまここに登壇する意味

(この記事は1/6のつづきです)

長谷川: NewsPicks の場合はオリジナルコンテンツもあり、そちらに力を入れていますよね。やはり人が紹介するメディアなので、SmartNews とは立ち位置が異なる。先ほどGoogle はデータに対して機能的にウェイトをつけ、Facebook は人にウェイトをつけると話しました。SmartNews と NewsPicks はともにメタメディアで、アルゴリズミックにデータを収集してきます。 NewsPicks のほうは「収集してきたデータに対して人がどう関与したか」がメッセージになります。Google と Facebook とはまったく異なる存在ですが、両者ともにメタメディアで、かつ人を重視する NewsPicks と、アルゴリズミックに情報を掲載する SmartNews 。こうした異なる側面がおもしろいと感じました。メタメディアとしての信頼性で、特に意識することはありますか?

松浦:私自身もつたえ手としての面もありますが、いま SmartNews の松浦茂樹としてお話すると、SmartNews にはエバンジェリストとまではいいませんが、アイティメディア株式会社の元会長の藤村(厚夫)や、社長の浜本(階生)と、会長の鈴木(健)がいます。鈴木は先日、『 President 』で田原総一郎さんと対談しました。また、先ほどの私のプレゼンで NPO 法人に関する取り組みのお話をしましたが、その担当の望月というメンバーも居ます。このように、ある程度ブランドに沿う形で人が次から次に露出してきています。
先ほど櫻田さんも、NewsPicks 編集部のスタッフに外へどんどん出て行くようお話されているとおっしゃっていましたよね。いまはネット上に顔写真やその人に関するテキストがごろごろ載っているので、ある程度の信頼性を得られる部分もありますが、やはりリアルタイムで、生で皆さんに語りかけると、親近感が湧きます。もちろん「なに言っているんだこいつ」と思われることもあるのかもしれませんが、やはりそういう意味であちこちオモテに出ていくのは重要だと考えて、行動しています。

松浦茂樹

櫻田:ぼくも松浦さんと近い意識です。先ほど長谷川さんがおっしゃったように、ヒトドリブンとデータドリブンの多少の違いはありますが、結局は人との対面が大事です。NewsPicks では佐々木紀彦編集長がいろいろな場へ赴き、講演したりモデレーターを務めたりなどをして、そうした機会をより増やしたいと考えています。

松浦:ぼく、今日で三日連続でこういう場に登壇しています。

長谷川:そうですよね(笑)。

編集はアルゴリズムに、紙質は表示速度に

長谷川:まさに SmartNews の藤村厚夫さんが、フィルターバブルに言及されたご自身のブログ記事で「これからの編集はアルゴリズムだ」というようなことを述べられていました。編集がシステマティックになっていく中で、アルゴリズムが従来の編集に代わるものだという主旨で、とても感銘を受けましたね。そういう観点から、すこしいじわるな質問かもしれませんが、SmartNews がどんなアルゴリズムでどう形態素解析をしているのか、そのアルゴリズムがブラックボックス化されていると、それはエンドユーザー側からはアンタッチャブルで、なにをしているかわからない。事業としての競争優位性を脅かすという話ではなく、読み手がなにが起こっているのかを理解するためのアルゴリズムの開示は、意識されていますか?

松浦:Google の検索結果についても、同じようにアルゴリズムがよく話題に挙がりますよね。パンダアップデートなどで検索ロジックが変わりましたが、すべての内容が開示されてはいません。SmartNews のアルゴリズムの思想は、基本的にはユーザーが知りたいと思っている話題の、最大公約数です。たとえばソーシャルメディアでどれくらい言及されているかなど、さまざまな状況下で話題性を判断します。ページ表示の速度や記事のタップ率、滞在時間などの情報を集めて、ユーザーの興味の最大公約数を示すというのが、アルゴリズムの大枠であり、お話できるところです。ただ、細かい部分について開示すべきかどうかは、議論があると思います。

櫻田:お話を聞いていて思いましたが、ネットメディアの信頼性に、速度が基準として入ってくるのが特に感じるところですね。Facebook のインスタント記事や、Google も似たような取り組みをはじめようとしていますが、媒体の発信内容だけではなく速度が重用視されはじめた。たとえば昔の新聞でいうと紙質までこだわって、一つひとつをつくって届けたい、という制作者の思いがあらわれるのが、いまでいうと速度かもしれないと思いました。

松浦:間違いなくそうだと思いますよ。Facebook のインスタント記事*1や Google の  AMP*2 もそうですし、われわれも取り組んでいかなければと思います。すでに速度解析は  SmartNews でも動いています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
*1:Facebook のインスタント記事( Instant Articles )
Facebook で、ネットメディアなどが自らの記事を配信できるしくみのこと。ユーザーは別のブラウザではなく、 Facebook アプリ内で記事を閲覧可能。また記事自体が Facebook でフォーマット化されているため、読み込み速度が速くなる。

*2:Google の AMP(アンプ)
Google と Twitter が協同策定した、モバイルウェブ高速化を目的とするプロジェクト「 Accelerated Mobile Pages 」の略称。「 AMP HTML 」というフレームワークがオープンソース化されている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

メディアが社会的責任を果たすには?

山本:お話を伺っていると、(株)ニューズピックスも SmartNews も、誤解を恐れずにいえば、きちんとした企業だという印象を受けます。きちんと表に出て行って責任を果たすという点などです。実際には、そういうことができない、やっていない企業やメディアがとても多いように思います。やはりビジネスを考えると、いかにクリック数を上げるのかなど、社会的倫理とはかけ離れた軸で一生懸命になる企業が多くなってしまう。そういった状況についてどう思われますか? また、ニューズピックスと SmartNews が社会的責任を果たす企業の形をとれている理由も、併せてお聞きしたいです。

パネルディスカッション

櫻田:NewsPicks の場合、まず PV はみていません。編集部のメンバーも、ページビューをみて議論することもないし、ぼく自身もそれをみてどうこうしないというスタンスが大きいと思います。またクライアントワークでインフォグラフィックをつくる際には、ブランド広告として NewsPicks に掲載しています。掲載の理由としては、広告の露出を増やしたいという従来の考え方ではなく、どの位 Pick されたり、SNS 拡散されたかといった定量データ、またいいコメントがついたかという定性的なデータを確認するためです。クライアントは定性データを重視してくれていて、ブランドをこの場でユーザーと一緒につくっていくという目線が備わってきています。やはりメディアにとって、クライアントやユーザーの信頼を得ることは重要です。そのため、NewsPicks の人間としてぼくがこういったセミナーなどに登壇するにあたって、それほど細かい手続きはないんですね。積極的に好きにやってといわれています。そうした企業としてのスタンスとともに、もともとメディアとして信頼とブランドを大事にするという考えです。

松浦:正直なところ、ビジネス軸で走ってしまうメディアは、方法論の観点からいうと仕方ないと思います。すべての会社がそれぞれのブランドを背負ってやっている中で、PV 大事だよね、という会社があるのは仕方がない。SmartNews でも NewsPicks と同様に、あまり PV ではみておらず、とにかくユーザーの視点に降りて、運営しています。
また質問からすこし外れますが、私が以前勤めていたコンデナスト・ジャパンで発行していた『 VOGUE 』にはアナ・ウィンター( Anna Wintour )という非常に有名な編集長がいました。映画『プラダを着た悪魔』のモデルにもなったように、どーんと世の中に出るような形で活動しています。このアナ・ウィンターとが、ある意味すべてを体現している。『 VOGUE 』というブランドも含めて大変奇天烈な人ですが、それらを含めて体現して活動しているのは、世界観をつくり、人にみられて、憧れられ、信頼を獲得していくための引力として、非常に重要な要素です。
私はかつてエディター・イン・チーフという形でハフィントンポストに在籍していたこともありますが、ここにもアリアナ・ハフィントン( Arianna Huffington )という創刊編集長がいます。現在ハフィントンポストは10数カ国で展開していますが、各国のエディター・イン・チーフの上に、既存メディアで活躍している人間がエディター・アットラージとして就いているんです。ハフィントンポストも創刊約10年ほどのメディアですから、このように既存メディアで活躍している人を呼び込み、運営しています。日本版のエディター・アットラージは長野智子さん。ニュースキャスターの方で、現在人口が多いアラフォー世代からすると、『オレたちひょうきん族』のアナウンサーとして認知度100%だと思います。こうした存在がブランドの担保になり、前に進んでいます。
私は外資メディアに在籍した経験から、このように前に出ることの重要性を学びました。だからこそ SmartNews でも、会社内での手続きもほぼ必要なく、積極的に前に出ていくよう推奨されています。もちろん自分の話には責任を持たなければならないし、自分のイメージのコントロールも必要です。私がかけているこの赤いメガネも覚えてもらうためのもので、たとえば赤メガネと揶揄されてもかまわない。それくらいの覚悟で動くのが大事で、これネタですけど、レンズは入っていないんです。

一同:(笑)

松浦:それぐらいの覚悟で前に出ることが大事だと……ようやく笑いが取れましたね(笑)。よかったよかった。

松浦茂樹

坂田:Medium の場合は、NewsPicks や SmartNews と違いメディア自らが提示するコンテンツはありませんが、自分の書いたストーリーや記事に対して、その影響力を解析という形式でみることができます。ステイタスページというものがあり、アクセス数などに加えて、何割の人が読んでくれたかのパーセンテージも出ている。ここまでは当前の機能ですが、ユニークなのは「トータルリーディングミニッツ」というものが解析できるところです。プラットフォームサービスであり、メディアとして提示するコンテンツが無い Medium は、書き手にとってはこの解析情報が掲載コンテンツに対するユーザーの反応を把握することができる唯一の情報源になります。そこで、Medium にアカウント開設したユーザーが、コンテンツの質に向き合う意識を醸成してもらうために、どれくらいの時間がそこで費やされたかを、「トータルリーディングミニッツ」、つまり読書時間で把握できるようになっています。そういった指標を総合的に判断することで、たとえば読んでくれるユーザーの比率が少なければ、ユーザーとしては一時的にその著者に惹かれてフォローしたものの、記事内容に関心がなくて離脱してしまったとわかる。コンテンツの質そのものに魅力があるのならば、ユーザーは信頼できる情報には多くの時間を費やしますから、Medium では「トータルリーディングミニッツ」の情報を大切にしています。

メディアによって変わる、コンテンツの価値

坂田:また Medium は情報流通プラットフォームですので、新着の情報だからユーザーが読みにくるわけではないんです。そのため、たとえば2年前に書かれたストーリーがいまでも読まれています。一時的で瞬間風速的なコンテンツよりも、考え抜いたコンテンツの質としての価値を証明するために、「トータルリーディングミニッツ」の指標を出しています。実はまだマネタイズに至っていないので、今後そういうモデルに転換すると指標もすこし変わるかもしれませんが、現時点ではこういった思想で運営しています。

櫻田:新着ではない記事が表示されるのがキーだと思いますね。最近感じるのが、ニュースとストーリーの位置付けがだいぶ変わってきたということです。ニュースはストレートに事実を伝え、速報性が重要ですが、ストーリーになってくると後からみても価値がある。ぼく自身もストーリー性のあるものをつくろうとしていて、そちらはあまり時間軸と関係ない形が可能になってきています。ニュースとストーリーがはっきり分かれてきたのは最近なような気がしますが、いかがですか。

松浦:SmartNews はフローにウェイトをおいているので、いわゆるストック記事の表示は基本的にありません。だからこそ、今Mediumでつくられるようなコアなストーリーや、NewsPicks のオリジナル連載のように、若干の時事性があるものも含まれますが、後から読んでも腐らないコンテンツが、従来のニュースと出し分けていく環境下になっていると感じます。SmartNews もなにかしらの部分でそういったコンテンツを伝えたいと個人的には思います。

パネルディスカッション

長谷川:各メディアで立ち位置がかなり異なりますよね。Medium にはだれもニュース性を求めません。たとえば「 IDEO がビジネスの一部を博報堂 DY ホールディングスの傘下組織に売却した」という記事が、結果的に速報ニュースとして扱われるようなケースも稀にありますが。語弊があるかもしれませんが、SmartNews は一昔前に RSS リーダーで記事を読んでいたようなユーザーが、RSS の代わりとして SmartNews を利用しているように思います。NewsPicks の場合はニュースにオピニオンがミックスされているので、また別の立ち位置です。

(2016年2月20日@ amu )

続きは 3/6 コンテンツの役割と設計倫理

【そのほかのプレゼンテーション、ディスカッション】

amu

未来を編む

「編集 」「デザイン 」「ビジネス 」 関連の記事を
もっと読む