EVENT REPORT

学ぶ、感じる「手製本」
――束ねて綴じるワークショップ

【講師】中村麻由美

EVENT REPORT

学ぶ、感じる「手製本」
――束ねて綴じるワークショップ

【講師】中村麻由美

世の中にはさまざまな形の本があり、さまざまな綴じ方があります。
身近でありながら仕組みや魅力があまり知られていない「製本」の世界。
今回は、そんな製本の魅力を知り、五感で楽しめるワークショップを開催しました。

OVERVIEW

2014.10.30(木)

講師:
中村麻由美(造本デザイナー)

造本デザイナーとしてご活躍されている中村麻由美さんを講師にお招きし、製本の仕組みから、実際の「手製本」まで教えていただきました。

はじめに、完成前の本の一部や解体した古書(単行本)などを見本とし、本の構造についてお話がありました。紙の束はどのようにつくられているのか、そこからどのように厚い本ができあがるのかなど、造本の仕組みを一から学びました。初めて目にすることが多い、綴じられる前の本や解体した後の本を前に、参加者のみなさんも興味深く聴き入っていました。

seihon1-1

本の仕組みを学んだ後は、いよいよ手製本の体験がはじまります。今回は、中村さんが集めた紙の中から、参加者が好きな紙を10枚選びます。テーブルに並べられたのは、透け感のある紙や味のある風合いの紙、裏と表の色や手触りが違う紙など、色も、質感も、厚さもさまざまなA4用紙です。できあがるノートを想像しながら、わくわく感が伝わる表情で紙を選定していました。中村さんからは、色のバランスを見たり、異なる質感の紙を織り交ぜると個性的な仕上がりになるなど、アドバイスもありました。

seihon1-2

選んだ後は、紙を折っていきます。今回のノートづくりでは、仕上がりのインパクトを左右する大切な作業。なるべく1枚1枚折り方を変え、大胆に折り目をずらすことでユニークなノートになります。

seihon1-3

紙を束ね、かがる作業に入ると、中村さんご自身が製本する手元をプロジェクターで映しながら、丁寧に手順をご説明いただきました。難関となる紙に穴を開け、針を通す場面では、中村さんが1人ひとりチェックして周り、苦戦しながらもしっかりと綴じることができました。手製本は初めてという方がほとんどの中、全員が失敗することなく、無事ノートが完成しました。

できあがったノートは中央のテーブルに集め、1人ひとりが感想や自己評価を発表しました。作業中の真剣な表情から一転、ノートを手に笑みがこぼれます。「想像とおりにできた」「もう少し色とりどりにしたかった」など、さまざまな感想や評価がありましたが、みなさん「またチャレンジしたい」「楽しかった」と声を揃えていました。

今回は、参加者全員が自分なりの工夫で、ほかにはない素敵なノートを作ることができました。製本の魅力を知り、作る喜びや工夫する楽しさを感じられたことが、日常の中で少しでもプラスになればと思います。

seihon1-4

amu

未来を編む

「デザイン 」 関連の記事を
もっと読む