EVENT REPORT

「今夜は波風の話をしよう」参加レポート

【著者】芳賀 南実

EVENT REPORT

「今夜は波風の話をしよう」参加レポート

【著者】芳賀 南実

いつも告知数日で満席御礼となる大人気イベント「今夜は○○の話をしよう」シリーズでは、コンセントの社員たちがニッチなテーマをコミュニケーションデザインの視点でとらえなおし、参加者と話し合うトークイベントです。今夜も、会場にいる皆さんとアルコールやドリンクを片手に、声だしを兼ねた「乾杯!」からスタート。コンセント社員とゲストにお迎えしたジャーナリストの堀潤さんによる、波風の話をレポートします。

OVERVIEW

2017.06.21(水)

著者:
芳賀 南実(株式会社コンセント ディレクター)

INDEX

  1. 何のための波風か?
  2. 波風を起こすのは意外と難しい
  3. 良し悪しを評価する前に、まず落ち着く
  4. 付箋で集める、参加者のみなさんの意見
  5. 議論の可視化、グラフィックレコーディング
  6. 結論は出さずに…

何のための波風か?

1_DSCF1319左からamuのコンテンツディレクターの千々和淳さん、コンセントのプロジェクトマネージャーの石野博一さん、ジャーナリストの堀潤さん、コンセントのディレクター松田彩さん

波風というと、一般的に良くないイメージがあるかと思います。松田さんも、波風が立つのは、勘違いやボタンの掛け違いが原因ではないかと捉えているそうです。
しかし、石野さんは「何かを言われたことでこころがザワっとするとき、100%ネガティブな方向ではなくて、ポジティブな方向にも行くような気がする。」と言います。
この、波風を好意的に捉える観点から、波風には実は大事なはたらきがあるというお話に。
 堀さん「信念があるときとか、ゴールを見据えているとか、譲れない何かがあって、本当に理解してほしいんだと一生懸命伝える気があるときには、波風がものすごく大事。」
炎上商法や、注目を集めようとするメディアのエピソードをとりあげ、状況や環境を変える目的で、また、伝えたいことを主張するために、そのプロセスとして起こす波風もあることが語られました。

2_DSCF1295

波風を起こすのは意外と難しい

波風は大事だからこそ、波風を仕掛ける人には、最大限のサポートをしたいという堀さん。少し変だなと思う発言に対しても、むちゃくちゃ大事な点ですね!とまず同意するそうです。これには会場も苦笑いの様子。
しかし直後の「誰かが言った勇気ある波風を、黙殺することが一番嫌い」という言葉に納得させられました。
これに関して、石野さんは、チカラのある人がおこす波風は反応されやすいけど、主流派ではない人が起こす波風が同意されにくいのは寂しいことだと指摘します。
松田さんは「小さな波でも新たな視点としてすごく響くときがある。痛いところをつくのはチカラがなくてもできますよ」と話していました。

良し悪しを評価する前に、まず落ち着く

続いては、波風は良い/悪いで評価できるのか、という議論に。波風の良し悪しを決めるのは難しいという堀さんは、次のように話しました。
 堀さん「投げた石は、どんな意思(どんな石(笑))であれ何かが動くきっかけになる。良し悪しはあくまで結果論であって、その瞬間の波風の評価は、いったん置くことが超重要なんじゃないかな。」
この話をきっかけに、登壇者たちから、落ち着きをとりもどすための対処方法が挙げられました。
1つめは、「口を開ける」という方法。口を開けていると人はものを考えられなくなるそうです。参加者のみなさんも次々に実践してみて、会場は笑いに包まれました。そして2つめは、名インタビュアーに倣って、相手の発言に「まず5回うなずく」という方法。3つめは、相手を冷静にさせる方法として「いったんそのままオウム返しに言い返す」という方法でした。
すぐに評価をしようとしない点が共通しており、一拍おいて客観的になれるような工夫をすることが効果的なようです。どれも簡単に実践できる、波風への対処法でした。

付箋で集める、参加者のみなさんの意見

後半は、参加者の方々に付箋を配り、話を聞いて考えたことや、スピーカーに聞いてみたいことを書いてもらいました。付箋は会場前方のホワイトボードに集約して、スピーカーが気になる付箋に対してコメントしていきます。

4_DSCF1388

話題になった付箋は、次のような内容でした。
・接客の仕事で出会った波風エピソード
・堀さんのキレてしまったときのエピソード
・波風をみんなで楽しむ方法
・能動的に波風を立てるときのコツ など

たくさんの付箋の中から、各登壇者がいちばん気になった付箋を書いた方に、ベストオーディエンスとしてのプレゼントが送られました。

議論の可視化、グラフィックレコーディング

実は、今夜の波風の話の横では、グラフィックレコーディングが行われていました。グラフィックレコーディングとは、議論を可視化するというもので、その場ですぐに、議論の振り返りができ、絵で分かりやすくまとめられているのが特徴です。最近ではビジネスの会議やテレビの討論番組などでも活用されています。
完成したグラフィックレコーディングはA2用紙3枚にわたりました。壁に貼り出されると、写真を撮る方や、真剣に眺める方も多く、参加者の方々にとって、とても分かりやすい振り返りの素材としてご好評をいただきました。

5_DSCF1395

結論は出さずに…

namikaze6

波風というと、波風に振り回されて困ったエピソードが出てくるかと思いきや、波風をいかに活用するかという論点で話が進んでいったことが驚きでした。人と人との中心で活躍される登壇者ならではの視点だなと思います。
イベントの最後には千々和さんが「答えを出すためのイベントではなくて人とめったに話さないテーマについて話すことが大切」とまとめてくださいました。 
波風の話は、その人の立場や考え方によって、議論が変わっていくような面白さを持っているのかもしれませんね。

実は、今回のテーマ企画はレポート筆者の私が行っていました。
入社後、初めての企画ということで、わくわくした期待の気持ちと同時に、本当に楽しんでもらえるのだろうかと、正直自信がありませんでした。
抽象的なテーマであるだけに、初めは想像していなかった議論に達したところもあり、トークイベントの「生もの感」を味わえたことが大きな収穫です。
参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました!!!

次回の「今夜はシリーズ」も、ただいま企画中です。
参加者の方と一緒に楽しめるイベントになるよう、今回の学びを活かしていきたいと思います。
皆さまどうぞお楽しみに。

amu

未来を編む

「編集 」「デザイン 」「ライフ 」「学び 」 関連の記事を
もっと読む