EVENT

日本のデザインを考える 
第2回 いま考える日本語タイポグラフィの継承と委譲 “early 80's” meetup @amu

  • 2012.12.28(金)
  • 19:30〜21:00(開場 19:00)

EVENT

日本のデザインを考える 
第2回 いま考える日本語タイポグラフィの継承と委譲 “early 80's” meetup @amu

  • 2012.12.28(金)
  • 19:30〜21:00(開場 19:00)

日本のデザインの独自性を考えるトークセッション・シリーズの第2回。

OVERVIEW

【日時】
2012.12.28(金)
19:30〜21:00(開場 19:00)
【スピーカー】
有馬トモユキ (TATSDESIGN)
【聞き手】
関口 裕(コンセント アートディレクター)
【参加費】
1,000円
【定員】
40名

いま次代を支える一端となりつつある30〜25歳の"early 80's"世代。ムーブメントの存在しない共生的な自己実現、時代にピリオドを打つような距離感で展開される自己レーベル化/自己編集的なスタイルといったこの世代の抱える価値観を共有し、公衆化することで、これからの(日本の)デザインを多面的に見つめていく試みです。

日本を日本たらしめる要素の一つに「日本語」があります。「CJK」と略されるアジア2バイト文字圏のなかでも最も柔軟なこの日本語タイポグラフィのこれまでをうけとめ、「いま」扱うこと、そして次に繋いでいくこととは、私たちにとってどういうことなのでしょうか。

atlas6_amu
Atlas - GEOGRAPHIC / © 2012 GEOGRAPHIC, Tokyo. Japan

多方面で活躍されるearly 80's、"TATSDESIGN"有馬智之さんから、複数メディアをふまえたエレクトロニック・タイポグラフィの視点、またそれを飲み込むように立ち上がるご自身の様々なアクションについて語っていただきながら、これからの私たちと、日本、そしてデザインの未来について俯瞰します。

--
当日は「乾き物」をご用意しますので、お好きな飲み物をお持ちになって、場をつくり上げる瞬間に立ち会ってください。またイベント終了後に懇親会(自費)を予定しております。お気軽にご参加ください。

amu

未来を編む

「編集 」「デザイン 」「学び 」 関連の記事を
もっと読む