EVENT

Forest on Mars vol.1 ぼくと君の月世界旅行。メキシコ人アーティストNahumと宇宙を旅するポエティック・エクスペリエンス

  • 2018.05.13(日)
  • 15:10〜18:30(開場15:00)

EVENT

Forest on Mars vol.1 ぼくと君の月世界旅行。メキシコ人アーティストNahumと宇宙を旅するポエティック・エクスペリエンス

  • 2018.05.13(日)
  • 15:10〜18:30(開場15:00)

「火星に森をつくるなら?」をテーマに、人々の想像力を拡張していく思考実験のプラットフォーム〈Forest on Mars〉の第1回イベントがamuで開催。ゲストには、宇宙×アートを探求するグローバル機関〈KOSMIKA〉を主宰するアーティストNahumがベルリンから来日!彼が得意とするヒプノシス(催眠)で、宇宙空間を自在に旅するとびきりのエクスペリエンスをお届けします。

OVERVIEW

【日時】
2018.05.13(日)
15:10〜18:30(開場15:00)
【パフォーマー】
Nahum(ナフーム)
【モデレーター】
塚田有那
【参加費】
一般 1500円
【定員】
20名

近年、NASAやイーロン・マスクが発表した計画から、人類の火星移住がいよいよ現実のものとなり始めている現在。それは、今世紀中に新たな文明・人類史が刻まれることをも意味しています。

そんなエキサイティングな時代に、あなたはどんな未来を想像するでしょう?

たとえば、もし自分が火星で暮らすとしたら、どんな生活を選び、どんなエコシステムや文化・社会を築いていけるでしょうか?

〈Forest on Mars〉は、「火星に森をつくる」をテーマに、固定化しがちな普段の想像力が高次元に拡がる「思考の遊び」を提案するプラットフォームです。

第1回のゲストには、ベルリンを拠点に活躍する”宇宙”アーティストNahumが来日。宇宙テクノロジーと精神性の探求を行き来しながら、人間の思考・体験を豊かにすることを目指すNahumは、宇宙×アートの可能性を探るグローバル機関〈KOSMIKA〉を主宰し、世界各地を飛び回る活動家でもあります。

今回は、Nahumのヒプノシス体験「Voyage: A Trip To Remember」と、トーク型パフォーマンス「Orbital Poetics」の2つの体験型作品を披露。

「Voyage: A Trip To Remember」は、Nahumが得意とするヒプノシス(催眠)を通じてパーソナルな月旅行へと誘うセッション。Nahumが巧妙に創作した「ある宇宙飛行士のメモリー」に耳を傾けるうちに、いつしかあなた自身が月の上を歩いているのを知ることでしょう。

続く「Orbital Poetics」では、〈KOSMIKA〉の活動を紹介しながら、宇宙と人類の結接点をアートでつなぐトーク型のパフォーマンスを披露。前半で月世界旅行を旅したあなたなら、Nahumの繰り出す言葉の数々から、宇宙とリンクするインスピレーションを得るに違いありません。

〈タイムテーブル〉
15:00 開場
15:15 ごあいさつ
15:30 ヒプノシス・パフォーマンス [Voyage: A trip to remember] (60分)
16:45 トーク・パフォーマンス [Orbital Poetics] (60分) (通訳付き)
18:00 ディスカッション (30分)
18:30 終了

amu

未来を編む

「ライフ 」 関連の記事を
もっと読む