Main Visual

EVENT

伝える人になろう講座〜小さな主語で見たカンボジアの村の暮らし

  • 2019.08.06(火)
  • 19:30〜21:30(開場19:00)

EVENT

伝える人になろう講座〜小さな主語で見たカンボジアの村の暮らし

  • 2019.08.06(火)
  • 19:30〜21:30(開場19:00)

恵比寿新聞編集長タカハシケンジと、ジャーナリスト堀潤がタッグを組んでお届けする「伝える人になろう講座」シリーズ。今回取り上げるのは「観光地以外のカンボジア」。日本国際ボランティアセンターの大村真理子さんをゲストに、日本からできる支援について考えます。

OVERVIEW

【日時】
2019.08.06(火)
19:30〜21:30(開場19:00)
【講師】
堀 潤(ジャーナリスト/キャスター)、タカハシケンジ(地域密着WEBマガジン「恵比寿新聞」編集長)
【ゲスト】
大村 真理子(JVC(日本国際ボランティアセンター)カンボジア事務所現地代表)
【参加費】
1500円
【定員】
35名

恵比寿新聞と8bitNewsのコラボワークショップ「伝える人になろう講座」は「情報受信」の時代から「個人発信」の時代をつくるため、日々活動するジャーナリスト・堀潤と、恵比寿の人・文化・食を取材し発信する地域密着メディア恵比寿新聞編集長・タカハシケンジがタッグを組んでお届けする「学習」・「支援」・「発信」が体験できるワークショップです。

今回のテーマは
<小さな主語で見たカンボジアの村の暮らし>

アンコールワットで有名な国、カンボジア。

そこではどんな問題が起きていて、人々はどんな暮らしをしているのかーーー。

必要な支援とは?

現地で支援活動している日本国際ボランティアセンター(JVC)の大村真理子さんに観光地ではない、カンボジアの現状をお聞きします。

日本で暮らす私たちに出来ることは何かを一緒に考えましょう。

また、当日会場でJVCが支援している地域の特産品を販売する予定です。

amu

未来を編む

「ライフ 」「学び 」 関連の記事を
もっと読む