webaccessibility

EVENT

Webアクセシビリティの学校 in 東京

  • 2018.02.03(土)
  • 14:00〜17:30(開場 13:30)

EVENT

Webアクセシビリティの学校 in 東京

  • 2018.02.03(土)
  • 14:00〜17:30(開場 13:30)

amuを運営するデザイン会社・コンセントでは、グローバル化やマルチブランド展開、アクセシビリティ対応など、多様化する企業のWebコミュニケーションに合わせたガバナンス構築を支援しています。なかでもアクセシビリティについてはいっそう知見を深め、理解・普及への活動も進めています。今回はその活動の一環として、Webアクセシビリティ・コンサルタントの植木真氏による「Webアクセシビリティの学校」をamuで開催いたします。

OVERVIEW

【日時】
2018.02.03(土)
14:00〜17:30(開場 13:30)
【講師】
植木 真(株式会社インフォアクシア Webアクセシビリティ・コンサルタント)
【参加費】
①懇親会不参加:5,000円 ②懇親会込み:9,000円 ※2018年1月8日(月)まで、早割価格で1,000円引き。 【注意】お支払い後のキャンセルは、手数料等を差し引いた額の返金となります。全額返金とはなりませんので、予めご了承ください。
【定員】
15名

全国各地で開催されている「Webアクセシビリティの学校」は、Web担当者やWeb制作者全般を対象にした講座です。アクセシビリティを確保したWebコンテンツ制作の基礎を分かりやすく楽しく学べる講座として、全国各地で開催しています。

「Webアクセシビリティって何?」というWeb制作者、Web担当者の皆さん、日頃のWebコンテンツ制作の業務の中で、すぐに実践できることがあります。あるいは、そんなに身構えなくても、既にもう実践できていることもあるかもしれません。Webアクセシビリティを確保することによって、より多くのユーザーが、より多くの場面で、より多くの利用環境から、皆さんのWebコンテンツを快適に利用できるようになるのです。

「Webアクセシビリティ」の基本の「キ」をみんなと一緒に楽しく学ぼう!
「Webアクセシビリティ」といえば、2004年6月にWebコンテンツのJIS規格(JIS X 8341-3)が初めて公示されたことにより、『高齢者や障害者を含む全てのユーザーがWebコンテンツを利用できるようにする』という考え方が広く知られるようになりました。
さらに、スマートフォンやタブレットの普及、ウェアラブルデバイスやスマートデバイスの登場などにより、Webにアクセスする際の利用環境は多様化が進んでいます。それに伴い、Webコンテンツを利用するユーザー、ユーザーが使用するデバイスやユーザーエージェント、そして利用する場所や場面も多様化してきています。
そのため、私たちが制作して公開しているWebコンテンツは、いつ、誰が、どこから、どのようにアクセスしてくるか、ますます分からなくなってきています。近年では、単なる高齢者・障害者ユーザーへの対応のみならず、ユーザーのさまざまな利用環境に対応することもふまえたWebコンテンツの品質基準の一つとして、「Webアクセシビリティ」を位置づける考えかたが求められそうです。
一方で、実は海外では、障害を理由とした差別を禁じる法律によって「Webアクセシビリティ」の確保が義務化されている国も少なくありません。日本では、2016年3月22日に「JIS X 8341-3:2016」が公示され、2016年4月1日からは「障害者差別解消法」という新しい法律も施行されています。時代や社会からの要請といった側面からも、アクセシビリティを確保したWebコンテンツの制作がますます求められるようになりそうです。

この講座では、明日からすぐにでも実践できる基本的なポイントについて、分かりやすく解説します。まずは、「Webアクセシビリティ」の基本の「キ」を楽しくしっかりと一緒に学びましょう!

【講座内容】
Webコンテンツにおけるアクセシビリティ
Webコンテンツとは
アクセシビリティとは

  • 国内外で進む法律による義務化
  • 海外諸国のWebサイトの動向

Webアクセシビリティ確保の基本の「キ」

  • 全ての基本となるキーワード
  • HTMLにおけるマークアップの基本的な考えかた

アクセシビリティを確保するWeb制作の基本テクニックとチェック方法(初級編)

  • HTMLコーディングの基本ルール
  • セクショニング要素とランドマークroleの使いかた
  • ページタイトルのつけかた
  • 見出しのマークアップ
  • リストのマークアップ
  • 画像の代替テキストの書きかた
  • リンクテキストの注意点
  • 色の使いかた
  • フォーム作成のポイント
  • テーブルのマークアップ
  • キーボードによる操作
  • 今すぐ使える「WAI-ARIA」 など

 

【対象者】

  • Web担当者、Web制作者など、Webサイトの運営やWebコンテンツの制作等に従事されている方
  • 「アクセシビリティ」という言葉は聞いたことがあるけど、実際に何をどこまでやればよいかが分からない方
  • アクセシビリティを確保するための基本的なWebコンテンツの制作テクニックを知っておきたい方
  • 多様化するユーザーの利用環境に対応したWebコンテンツを制作したい方
  • 『JIS X 8341-3』や『WCAG 2.0』への対応に取り組んでいる、または対応を検討している方

amu

未来を編む

「デザイン 」「ビジネス 」 関連の記事を
もっと読む