EVENT

地方に学ぶ、いま東京に必要な「経済の仕組み」――映画『おだやかな革命』トークイベント

  • 2018.02.15(木)
  • 19:30〜21:30 開場19:00

EVENT

地方に学ぶ、いま東京に必要な「経済の仕組み」――映画『おだやかな革命』トークイベント

  • 2018.02.15(木)
  • 19:30〜21:30 開場19:00

住民たちや移住者が担い手となって小さな経済をつくり、循環させるストーリーを描いたドキュメンタリー映画『おだやかな革命』。いま革命が起きている地方とそこで暮らす人々の生活を追った本作品の公開に伴い、渡辺智史監督と坂倉杏介准教授とで「東京にいま必要な経済システムとは?」を問うトークイベントを開催いたします。

OVERVIEW

【日時】
2018.02.15(木)
19:30〜21:30 開場19:00
【スピーカー】
渡辺智史(映画監督)、坂倉杏介(東京都市大学都市生活学部准教授 )
【参加費】
1500円
【定員】
30人

東中野で2018年2月より上映されるドキュメンタリー映画『おだやかな革命』は、人も資源も限られた地方における新しいエコシステムを構築するストーリーを描いています。「ほしい未来は、自分たちの手で作りたい」という思いのもとに、地元の人だけでなく、移住をしてきた人も一体となって、木質バイオマスの利活用や、小水力発電の事業が立ち上がっています。その売電した収益を農村振興や福祉や若者の起業のために再投資することで、「モノ・人・お金」も循環する幸せな地域経済が生まれるという実際のストーリーは、これからの社会のひとつのあり方を教えてくれます。

では、人も資源も恵まれている東京では「ほしい未来は、自分たちの手で作る」ことは必要ないのでしょうか。あるいは、これは地方の出来事、ムーブメントとして片付けてしまっていいのでしょうか。

こうした問いを、この映画をつくられた渡辺監督と共に東京の人々とで考えていきたいと思います。地方で起きている「おだやかな革命」を通じて、「持続可能な社会」への一つのアプローチや、いま東京で私たちができること、つくること、選択できることを考えてみたいと思います。
『おだやかな革命』 公式サイト:http://odayaka-kakumei.com/
『おだやかな革命』予告:https://youtu.be/27kAAZEAizA

2016年にamuで渡辺智史監督の『よみがえりのレシピ』を上映し、山形食べる通信編集長の松本さんをお招きし、トークイベントを開催した際のレポートも併せてお読みください。
前半:http://www.a-m-u.jp/report/yomigaeri_recipe_1.html/
後半:http://www.a-m-u.jp/report/yomigaeri_recipe_2.html/

■対象となる方
・まちづくりなどに関わっている方 ・東京、地方問わず地域活動に参加されている方/興味のある方
・住んでいる場所、働いている地域の変化に気づく方
・保育や教育、人口減少などの大きな課題も地域から変えられると思う方
・いまの「東京」には本来、あるいは将来こういうことが必要だと考えている方
・未来だけでなく、今も自分で作りたい方

■プログラム
19:30~ デモ上映
19:45~ 映画解説:撮るにいたった背景、地方の現状、提起したかった問題、これからやっていきたいこと
20:15~ 坂倉先生による「東京のいま」
20:30~ 渡辺監督×坂倉先生による東京で起こりうる「おだやかな革命」
21:10~ 質疑応答、ディスカッション
21:30  終了

amu

未来を編む

「ライフ 」 関連の記事を
もっと読む