grayscale

EVENT

早稲田合同作品展示「Grayscale」

  • 2018.02.10(土) ~ 2018.02.11(日)
  • 14:00〜18:00※申込不要・入退場自由 2/10(土)14:00-18:00  2/11(日)10:00-18:00

EVENT

早稲田合同作品展示「Grayscale」

  • 2018.02.10(土) ~ 2018.02.11(日)
  • 14:00〜18:00※申込不要・入退場自由 2/10(土)14:00-18:00  2/11(日)10:00-18:00

デジタルテクノロジーの進化で1つの事象が白黒に分断されつつあるその両極ーー「言語とクオリア」、「情報の実在と潜在」、「具体と抽象」、「生と死」、「有機と無機」ーーそれらの狭間を漂う濃淡の定まらないグレーゾーンを、早稲田大学文化構想学部と基幹理工学部の3つのゼミに参加する学生がメディアアートで表現。人の見た目、物への接し方、発する言葉等によって変化していく物事のグレーゾーンを実際に体験することができる12つの作品を、2日間に渡り恵比寿amuで展示します。

OVERVIEW

【日時】
2018.02.10(土) ~ 2018.02.11(日)
14:00〜18:00※申込不要・入退場自由 2/10(土)14:00-18:00  2/11(日)10:00-18:00
【研究室】
草原真知子(早稲田大学文学学術院教授)、橋田 朋子(早稲田大学基幹理工学部表現工学科 准教授)、ドミニク・チェン(早稲田大学文学学術院・准教授)
【参加費】
無料
【定員】
なし

あらゆる事象を「0/1」の2進数の定量的な情報へと変換する現代のデジタルテクノロジー。情報技術の進化によって人々の指向性が白黒に分断されつつある二極化の世界では、その間で揺らぐグレーゾーンにこそ本来的な豊かさは宿るのかもしれない。そんな問いから、本イベントでは白と黒の間の階調を意味する「grayscale」をテーマに、早稲田大学の文化構想学部表象・メディア論系の草原真知子ゼミ、ドミニク・チェンゼミ、基幹理工学部表現工学科の橋田朋子研究室という背景や学年、技術力の異なるグループから提出された様々な「グレー」を表現したメディアアートを展示。

言語とクオリア、情報の実在と潜在、具体と抽象、生と死、有機と無機、さまざまな極の間のグレースケールを恵比寿amuでご体感ください。

 

2日間で開場時間が異なりますのでご注意ください

02.10(土)14:00〜18:00

02.11(日)10:00〜18:00

入退場自由、参加申し込み不要です

※2月9日(金)には草原真知子氏、橋田朋子氏、ドミニク・チェン氏をお招きしたオープニングトークイベントを開催いたします。

amu

未来を編む

「アート 」 関連の記事を
もっと読む