EVENT

事例からみる共創型の事業開発〜Service Design Seminar Vol.20

  • 2017.12.06(水)
  • 17:00〜20:30(開場 16:30)

EVENT

事例からみる共創型の事業開発〜Service Design Seminar Vol.20

  • 2017.12.06(水)
  • 17:00〜20:30(開場 16:30)

オムロン株式会社とコンセントが実施した6週間でカタチにする事業開発プロジェクトとは? 短期間で顧客インサイトの獲得からアイディエーション、プロトタイプ、利用者評価までを行うプログラム「コンセントサービスデザインスプリント」をご紹介します。失敗リスクを最小限にしたユーザー志向型の事業開発から、社内で自走させるまでを事例に沿ってお話します。

OVERVIEW

【日時】
2017.12.06(水)
17:00〜20:30(開場 16:30)
【スピーカー】
赤羽 太郎(株式会社コンセント/サービスデザイナー)、大崎 優(株式会社コンセント 取締役/サービスデザイナー)、古澤 恵太(株式会社コンセント/サービスデザイナー)
【参加費】
無料
【定員】
30名(※応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。なお、同業社の方のお申し込みはご遠慮ください。)

事業開発は机上の空論では成功を得られません。よりスピーディーにアイデアをカタチにし、市場の評価を得ながら探索することが重要です。コンセントが開発した「コンセント サービスデザインスプリント」は、6週間でユーザー志向型の事業を開発するプログラムです。オムロン株式会社はこのスプリントプラグラムを実践して新規事業を開発し、更に自社で自走できる力を身につけ組織内にユーザー志向を浸透させることを試みています。本セミナーでは、この具体的な取り組みについてお話します。

【こんな方におすすめ】
・経営者の方
・事業開発担当者、責任者の方
・サービス運営責任者の方
・フィンテック、IoTプロダクト、シェアリングエコノミーなどに取り組まれる方

【こんな事が学べます】
・大幅に時間短縮できる事業開発の手法について
・ユーザー志向による事業開発の手法について
・組織内にユーザー志向を浸透させる手法について

※「コンセント サービスデザインスプリント」の詳細は、ニュースリリースをご参照ください。

 

◎ 開催概要
【日時】2017年12月6日(水)17:00〜20:30(16:30開場)
【会場】amu(恵比寿)
※CONCENT Service Design Div. オフィス内 (http://www.a-m-u.jp/access/)
【定員】30名
【参加費用】無料
※応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。
※同業社の方のお申し込みはご遠慮ください。
※Peatixアカウントをおもちでない方は、メールでのお申し込みも受け付けております。
ご参加される方の以下①~⑥の情報を記載の上、下記宛先までお申し込みください。

<記載内容>
①お名前
②会社名
③部署名
④肩書き
⑤メールアドレス
⑥本セミナーに期待すること/解決したいと考えている課題

<宛先>
service-design@concentinc.jp

 

◎ プログラム(予定)
・16:30…開場
・17:00〜17:50…第1部:「コンセントサービスデザインスプリント」を活用した事業開発・17:50〜18:00…休憩
・18:00〜18:20…第2部:運送業界向け事業開発事例(オムロン株式会社)
・18:20〜18:40…第3部:カーシェア業界向け事業開発事例(オムロン株式会社)
・18:40〜18:50…休憩
・18:50〜19:10…第4部:事業開発を社内で自走させるための支援事例(オムロン株式会社)
・19:10〜19:30…第5部:QAセッション
・19:30〜20:30…懇親会

 

◎ 「事例からみる共創型の事業開発」詳細
<第1部> 17:00〜 「コンセント サービスデザインスプリント」を 活用した事業開発
スピーカー:赤羽 太郎(株式会社コンセント/サービスデザイナー)

アジャイル開発でシステムが開発される時代に、事業開発がウォーターフォール型でいいのでしょうか。そんな課題意識から、近年欧米を中心に短期間でデザイン検討を行う手法「デザインスプリント(Design Sprint)」について議論されてきました。
そんな中、これまでUXデザイン、サービスデザインを数多く手がけてきたコンセントでは、サービスデザインの検討を6週間という短期間で実施する「コンセント サービスデザインスプリント(以下、CSDS)」というプログラムを開発しました。 「CSDS」は、観察調査、インサイト抽出とアイディエーション、そしてアイデアからのデザインやコンテンツ企画、そのプロトタイピングと利用者評価とを集中して実施するプログラムです。短期間でありながら、検討に必要な要素を盛り込んであるため、精度の高い、課題にフィットした解決案を企画することが可能となります。コンセントでは、昨年1年間で4つのプロジェクトの中で合計8本のスプリントによって成果を出してきました。

第1部では、「CSDS」の概要をご紹介し、その必要性、メリット、実施にあたって必要となる準備やリソースなどについてご紹介します。また、事業開発プロジェクト全体の中で、どういったタイミングで「CSDS」を実施すれば効果的なのか、実施にあたっての留意点などについても触れていきます。

<第2、3、4部> 18:00〜 「CSDS」の 活用事例と社内で自走させるための支援事例
スピーカー:
第2部:古澤 恵太(株式会社コンセント/サービスデザイナー)20分
第3部:大崎 優 (株式会社コンセント 取締役/サービスデザイナー)20分
第4部:赤羽 太郎(株式会社コンセント/サービスデザイナー)20分

第2部以降では、オムロン株式会社との実際のプロジェクトにおける「CSDS」活用事例をご紹介します。運送業界向け、カーシェア業界向けの事業開発において、「CSDS」を実施するに至った経緯やその全体像、そして各フェーズでの具体的なアクティビティをどのように設計し、遂行したかについて解説します。「CSDS」を成功させるためには、メンバーのスキル・作業環境・意思決定の方法など、大小の“コツ”が存在します。また、オムロン社自身でこの事業開発プログラムを自走させるための支援についても、具体的な取り組みをご紹介します。実際にプロジェクトを遂行したメンバーから、現場視点でのリアルな情報をお伝えします。

<第5部> 19:10〜 QAセッション
登壇メンバーとのざっくばらんな討論会です。参加者のみなさんからご質問や現状の課題を随時受け付け、その場で登壇者やみなさんと意見交換を行います。登壇者との距離の近さが好評です。

<After Sessions> 19:30〜20:30 懇親会
引き続き会場にてご歓談いただける時間を設けました。 プロジェクトに関してご質問・ご相談いただくなど、コンセントスタッフと、またご参加者同士で気軽に交流していただければと思います。お飲み物と軽食を用意しておりますので、お時間がございましたらぜひ参加ください。

◎お問い合わせ
株式会社コンセント サービスデザインセミナー事務局
service-design@concentinc.jp

amu

未来を編む

「デザイン 」「ビジネス 」 関連の記事を
もっと読む