EVENT

大人のための寄り道ドローイングーー気ままに線を描いてみよう

  • 2017.03.23(木)
  • 19:30〜21:30(開場 19:00)

EVENT

大人のための寄り道ドローイングーー気ままに線を描いてみよう

  • 2017.03.23(木)
  • 19:30〜21:30(開場 19:00)

昨年大好評だった大人のためのドローイング・ワークショップを、今年も開催します。今回はその中でも特に盛り上がった「版画とスタンピング」を行ないます。お仕事帰りに、凝り固まった頭と身体を柔らかくしてみませんか。

OVERVIEW

【日時】
2017.03.23(木)
19:30〜21:30(開場 19:00)
【講師】
松本 次郎
【参加費】
3,000円(税込)
【定員】
16名

※2016年1月14日開催「大人のための寄り道ドローイング vol.2/4 線の発想」の再演です。

昨年開催し、たくさんの人にお越しいただいた「大人のための寄り道ドローイング」を今年も開催します。

「仕事帰りに、いつもと違った時間を過ごしたい」「気持ちをリフレッシュしたい」そんな一日の終わりに、アートな時間を過ごしませんか?
気がつけば、いつも同じ姿勢で、パソコンばかりみている……そんなときに、自分の手でなにかを「描く」ことで、おもしろいアイデアが浮かんでくるかもしれません。

以下のような方には特におすすめです。
・ビジュアル・シンキングを身につけたい
・クリエイティブな発想の仕方を身につけたい
・仕事でもビジュアライズやイメージ思考が求められる
・とにかく柔軟な発想力、新しいものの見方を身につけたい
・論理思考力は得意だが、アイデアが浮かばない
・すぐに「正しいこと」「正解」は何かと考えてしまう

【今回のワーク内容】
版画表現にチャレンジ。実際のものに絵の具をつけて型取りするスタンピングや、手軽に版をつくれるスチレンボード版画を行います。偶然にできる形や色を利用して、ペンで描くのとは違った線の表現をしてみましょう。

【持ち物】
なし

【これまでの参加者の声】
・普段使わない脳みそを使った!仕事のアイデアが出ないときのヒントになりそう
・何も考えずに自由気ままに作品をつくることができた
他の参加者の方の素敵なワークを見て、はっとさせられた

drawing_1

DSCN9143
(2016年1月14日開催の様子)
Facebookのコミュニティページでは過去のイベントの様子や作品の写真をご覧いただけます

講師には、前回と同じく、アーティストの松本次郎先生をお迎えします。先生は、美大受験生など多くの人たちに「描くこと」を教えられてきました。今回も優しく丁寧にご指導くださいます。
必要なものはありません。難しい理論や、考えもいりません。美術の授業が苦手だった人、しばらく絵を描いていない人でも大丈夫です。
みなさんのご参加、お待ちしています。

【大人のための寄り道ドローイングとは?】
フィルムアート社から刊行の『HOW TO SEE』シリーズから生まれたワークショップです。
『HOW TO SEE』は、全4巻のドローイング練習帳で、各巻に収録されたエクササイズは、制作のインスピレーションを刺激するとともに、「ビジュアル・シンキング」を通じて思考するためのプロセスを楽しみながら身につけることができます。
自分でじっくりと見たり、耳を傾けたり、手を動かしながらイメージと考えを交錯させて、アウトプットしたり……このワークショップでは、このようなことを具体的に体験できるプログラムを用意しています。
ドローイングテクニック[HOW TO SEE シリーズ]
ピーター・ジェニー=著 石田友里=訳 山中俊治=特別寄稿

【講師・松本次郎先生コメント】
自分らしく自由に絵を描く事は、そんなに難しい事ではありません。子どもだった頃を思い出すと誰でもまわりを気にせず、自由に描いていたという記憶はあるはずです。ただ、大人になるにつれ物の分別もついてきますし、仕事や学校など日常生活を送る上でもいろいろな決まり事や制約が出てくるので、子どもの時のように何も気にせず自由に振る舞うという事がしにくくなってきます。描く事やイメージする事は本来自由なものなのに、いつしか考え方やものの見方が硬くなってしまいます。
このワークショップでは描くというだけでなく、自由にイメージするきっかけを、普段私がやっている方法も交えて紹介していきます。
皆さんにはいつもとは違ったものの見方を感じ、自由にイメージするきっかけを掴んでもらえたら幸いです。まずは肩の力を抜いて、楽な気持ちで参加してください。

【松本次郎先生の作品】1

5

【個展の様子(photo by shintaro yamanaka)】atst_l10

atst_l33

こちらの動画から個展の様子がご覧いただけます。

amu

未来を編む

「アート 」「学び 」 関連の記事を
もっと読む