EVENT

こどもメディアラボ vol.3
――こどもとえほん

  • 2014.11.14(金)
  • 19:00〜21:00(開場 18:30)

EVENT

こどもメディアラボ vol.3
――こどもとえほん

  • 2014.11.14(金)
  • 19:00〜21:00(開場 18:30)

こどもとメディアの関係を総合的に考え、新しい価値を生みだす夜の学び舎、『こどもメディアラボ』。第3回のテーマは「こどもとえほん」。ゲストにtupera tuperaの亀山達矢さん(絵本作家・イラストレーター)をお招きします。

OVERVIEW

【日時】
2014.11.14(金)
(開場 18:30)
【ゲスト】
tupera tupera 亀山達矢(絵本作家)
【聞き手】
石戸奈々子(NPO法人CANVAS理事長、株式会社デジタルえほん代表取締役、慶応義塾大学准教授、amu代表)
【参加費】
2000円(税込、ワンドリンク付)
【定員】
40名

テレビ、映画、アニメーション、本、音楽......
あらゆるメディアと子どもの関係を総合的に考え、新しい価値を生みだす場をひらきます。

こども向けコンテンツは、どのような研究に基づき、つくられているのでしょうか?
こどもの気持ちを魅了する作品には、どのような秘密が隠れているのでしょうか?

これまでもこどもたちを魅了してきた、
テレビ番組制作に携わってきた方、絵本制作に携わってきた方、アニメーション制作に携わってきた方、アートに携わる方、ワークショップを行なっている方、展覧会を企画・運営されている方......。
毎回、各分野の第一線で活躍されているゲストをお招きし、メディアとこどもの関係を総合的に考えていきます。

【vol.3のテーマ「こどもとえほん」】

第3回目のゲストは、絵本作家のtupera tupera 亀山達矢さんです。
『木がずらり』、『かおノート』など数多くの絵本をつくられている亀山さん。
tupera tuperaの絵本には、こどもをはじめ、たくさんのファンがいます。
つくるにあたって心がけていること、
絵本が生まれるきっかけ、
絵本の持つ力......。
絵本作家として、父として、「こどもとえほん」についてお話を伺います。

※本イベントのゲストは亀山さんのみとなります。

【これまでの「こどもメディアラボ」】
▶︎vol.1「こどもとメディア」
ゲスト:季里さん(ビジュアル・プロデューサー、デジタルアーティスト、女子美術大学教授)
→詳細はこちらをご覧ください。

▶︎vol.2「こどもとテレビ」
ゲスト:岡本美津子さん(東京藝術大学大学院映像研究科教授、テレビ番組プロデューサー)
→詳細はこちらをご覧ください。

・主催 CANVAS、デジタルえほん、amu

amu

未来を編む

「アート 」 関連の記事を
もっと読む